女性の厄年と人生の転機の関係

厄年には厄祓いをして、さまざまな厄が降り掛かってくることを懸念しながら生活するというのが伝統的な文化としてあります。女性の場合は19歳・33歳・37歳・61歳が厄年に該当し、多くの人がこの年には悪いことが起きないようにと祈りながら生活する傾向がありました。西洋文化と日本文化が混じってきたことにより、日本ではそういった文化の良いとこどりをするようになってきていて、あまりこういった伝統文化を信じない人も増えています。しかし、科学的な根拠を求めづらくとも、ある程度はそのリスクについて懸念しておくと、人生を豊かに過ごせる可能性があるということも念頭に置いておくべきことです。19歳・33歳というのは、仕事や結婚を考える上では転機となりうる年齢となっています。大学に通わない人にとっては、就職をしたり結婚をして専業主婦となるのが19歳のこともあるでしょう。33歳というのは、子供を生むということを考えた時、母体と子供の両方の安全を考えると、そろそろ最後の時期にあたることとなります。一方、30歳前に子供を生んでいる場合、37歳というのは子供が育ってきて、仕事をするか専業主婦を続けるかという決断をする頃に相当します。こういった形で、人生の中の大きな転機が訪れやすい年に、女性の厄年が重なっているのは事実です。大きな決断をするタイミングだからこそ、少し慎重になった方が良いという可能性もあります。そういった指針として捉えておくと、人生の転機でよりよい決断ができるようになるでしょう。〔厄年についてのおもしろいサイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です