女性の大厄について

女性の厄年は19歳・33歳・37歳・61歳の4回で男性よりも1回多く、33歳が大厄とされています。昔は出産が早く寿命も短かったので、女性の人生の転機が20代から30代にかけて集中的にあったことを物語っているといえるのです。厄年だからと言って行動を控えたりする必要はなく、気にしなければやり過ごすことができる迷信のようなものでもあります。厄年にするのは避けたほうがいいといわれているのは、結婚・出産・新築・引っ越し・転勤です。しかし、自分の都合でやるやらないを決めることができないものも含まれており、前後3年間は行動を控えたほうがいいという前厄後厄のことも考えると、ライフスタイルがかわらないまま時間を過ごすといったネガテイブなものになってしまいます。この年齢は、会社や仕事・育児などで疲れがたまることや、ストレスがたまることによって健康状態が悪くなることを懸念しているものです。そのため、新しいことを始めるにはエネルギーがたくさんいることを避けるようにしたほうがよいということを意味しているといわれています。そのようなことから、さほど気にする必要はなく、地域によっては結婚・出産・新築といったことで厄払いができるといわれているところもあるほどです。疲れやすいから・悩みが増えるから休養をという先人の知恵であり、転ばないように前もって慎重に考えて行動しなさいという教えだといわれています。気になるようであれば、近所の神社へ気分転換も兼ねて厄除けに行くのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です